船橋で相続の相談ならおまかせください!遺言書作成・遺産分割協議・遺留分等のお悩みに弁護士がお応えします。

千葉・船橋 相続遺言・無料相談

  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • サイトマップ
無料相談のご予約はこちら 0120-00-0000
  • HOME
  • 相続手続きを行いたい
  • もめてしまったら
  • 遺言書を書きたい
  • 当事務所の解決事例
  • 業務理念
  • 相談予約
  • HOME
  • 相続できる財産

相続できる財産


相続財産には資産(プラスとなる財産)だけではなく負債(マイナスとなる財産)も含まれます。
また、財産の性質上、相続財産にならないものも存在します。

被相続人の財産を的確に把握することも容易ではありませんが、相続財産を適正に評価することは、更に難しいと言えます。
遺産の評価方法は必ずしも法律で定められておらず、また不動産や有価証券など、価格が変動する資産は基本的に時価により評価されるため、評価の時期によって価格が変動することもあります。
実際に、遺産分割協議に当たっては、相続財産の評価が最大の論点になることも少なくありません。

 

代表的な相続財産 


一般的な相続財産を列挙します。
まずはこのリストに則って、相続財産を整理して頂く事をお勧めします。
合わせて、遺産分割協議の前提として、不動産であれば不動産登記簿謄本や固定資産税評価証明書、預貯金であれば預金通帳のコピー、有価証券であれば証券会社から発行される取引明細等を準備しておく必要があります。


1 資産(プラスとなる財産)の例


・金融資産・・・現金・預貯金・有価証券・小切手・株式・国債・社債・貸付金・売掛金・手形等の債権

・不動産(土地・建物)・・・宅地・居宅・農地・店舗など

・不動産上の権利・・・借地権・借家権・地上権など

・動産・・・自動車・家財・骨董品・宝石・貴金属など

・特許権、商標権、意匠権、著作権などの無体財産権

 


2 負債(マイナスとなる財産)の例


・借金・・・借入金・買掛金・手形債務・振出小切手・保証債務など

・公租公課・・・未払の所得税・住民税・固定資産税



3 遺産に該当しないものの代表的な例


・身元保証など、保証額に期間や制限のない保証債務 

・受取人指定のある生命保険金請求権(例外的に特別受益に準ずるものと見なされる場合あり)
 
・死亡退職金
 
・財産分与請求権

・生活保護受給権

・扶養請求権

・墓地、霊廟、仏壇・仏具、神具、香典など祭祀に関するもの

 

相続・遺産分割・遺留分・遺言に関して詳しく解説!

相続の基礎知識

 

遺産分割協議

相続手続を行う
相続とは
相続の流れ
法定相続とは
相続できる財産
相続人調査と財産調査
  相続がスムーズに進行しない時は
遺産分割協議の手続と分割方法
遺産分割協議書の作成
遺産分割の調停・審判

 

遺留分

 

遺言

遺留分とは
遺留分減殺殺請求をするには
遺留分減殺請求をされたら
将来の紛争を予防するために
  遺言書を書きたい
遺言の種類
遺言の書き方
公正証書遺言
遺言の保管
遺言が見つかったら
遺言の執行