船橋で相続の相談ならおまかせください!遺言書作成・遺産分割協議・遺留分等のお悩みに弁護士がお応えします。

千葉・船橋 相続遺言・無料相談

  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • サイトマップ
無料相談のご予約はこちら 0120-00-0000
  • HOME
  • 相続手続きを行いたい
  • もめてしまったら
  • 遺言書を書きたい
  • 当事務所の解決事例
  • 業務理念
  • 相談予約
  • HOME
  • 遺留分減殺請求をするには

遺留分減殺請求をするには

  被相続人の財産のうち、一定の相続人に必ず承継されるべき財産を遺留分といいます。
被相続人は、遺言ないし生前贈与により、自由に財産を処分することができるのが原則ですが、それも無制限ではなく、実質的に遺留分による制限を受けることになります。

相続権のない第三者に全ての相続財産を残す遺言や、子のうち特定の一人のみに相続財産の大部分を残す遺言により、自らの遺留分が侵害されていることが判明したときには、遺言によって利益を得ている相続人ないし受遺者に対し、遺留分減殺請求を行うことが出来ます。

遺留分減殺請求に当たってはまずは遺産の範囲を確定した上、法律に則って自らの遺留分を計算し、口頭ないし書面で、遺留分の減殺請求を行う旨伝える必要があります。

遺留分減殺請求に対し、相手方が任意の返還に応じない場合は、家庭裁判所で調停を行い、それでも話し合いがまとまらない場合には、民事訴訟を提起します。
遺留分は、法律で返還されるべき割合が決まっていますので、遺留分の基礎となる相続財産の範囲や査定が正確なものである限りは、法的手段を行使すれば、返還を受けられる可能性は高まります。

なお遺留分の発生は、バランスの悪い遺言や生前贈与が前提になるため、比較的感情のもつれが生じやすい事件類型と言えますので、紛争の早期解決のためには、紛争解決の専門家である弁護士に早期に依頼することが得策と言えます。


 

遺留分減殺請求の注意点


遺留分減殺請求権は、相続が開始した事実及び、減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ってから1年で時効にかかりますので、早期に手続に着手する必要があります。

遺留分減殺請求の方式は決まってはいませんが、時効を止めるためには遺留分減殺請求の意思表示が到達する必要がありますので、内容証明郵便の送付により請求することが最良です。


 

 

遺留分減殺請求する場合に関する動画を観る

btn.JPG   遺留分減殺請求するには
遺留分減殺請求の具体的な方法についてご説明致します。

 

相続・遺産分割・遺留分・遺言に関して詳しく解説!

相続の基礎知識

 

遺産分割協議

相続手続を行う
相続とは
相続の流れ
法定相続とは
相続できる財産
相続人調査と財産調査
  相続がスムーズに進行しない時は
遺産分割協議の手続と分割方法
遺産分割協議書の作成
遺産分割の調停・審判

 

遺留分

 

遺言

遺留分とは
遺留分減殺殺請求をするには
遺留分減殺請求をされたら
将来の紛争を予防するために
  遺言書を書きたい
遺言の種類
遺言の書き方
公正証書遺言
遺言の保管
遺言が見つかったら
遺言の執行