船橋で相続の相談ならおまかせください!遺言書作成・遺産分割協議・遺留分等のお悩みに弁護士がお応えします。

千葉・船橋 相続遺言・無料相談

  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • サイトマップ
無料相談のご予約はこちら 0120-00-0000
  • HOME
  • 相続手続きを行いたい
  • もめてしまったら
  • 遺言書を書きたい
  • 当事務所の解決事例
  • 業務理念
  • 相談予約
  • HOME
  • 法定相続の事例①

法定相続分の具体的な事例①


相続人が誰かによって法定相続分がどのように変化するかについて、具体的な事例に基づいてご説明致します。

 

【1】妻と子3人がいる場合


配偶者と子がいる場合というのは相続の中で一番多い事例だと思われます。
配偶者の相続分は常に1/2であり、子は残りの1/2を兄弟間で等分することになります。
また子は、結婚して他家に嫁いだ子であっても、相続に関しましては他の子と平等に扱われます。
配偶者がいない場合は子だけで等分します。
被相続人の子がいる場合には、被相続人の親や兄弟姉妹に相続分はありません。

妻・・・1/2

子3人・・・(各)1/2×1/3=1/6

 

【2】妻と子3人がいるが、子のうち1人(次男)が相続放棄している場合


相続放棄をした者は、その相続に関してはじめから相続人とならなかったものとみなされ、その他の相続人だけで遺産を分割することになります。
子の一人が相続放棄した場合、配偶者の相続分は影響を受けず、子の相続分だけが変わります。
なお相続放棄をした者の子は(このケースでは次男の子=被相続人の孫)、親が相続するはずだった相続分を代襲相続することはできません。
被相続人の親が存命の場合に、被相続人の子供が全員相続放棄した場合は、配偶者が3分の2、親が3分の1を相続します。

妻・・・1/2

長男・長女・・・(各)1/2×1/2=1/4

次男(相続放棄)・・・0

 

【3】妻と実子2人(長男・長女)と養子1人(次男)がいる場合


養子とは法律上血縁があるのと同じにするということであり、実子と同じように取り扱われます。
被相続人に養子と実子がある場合でも、養子は実子と何ら変わることなく平等に取り扱われます。
これとは逆に、実子のうち誰かが養子に行ったというケースもあります。
現在の法律では、養子に行った子も他の子と同じように実の親の遺産を相続することができます(ただし、特別養子制度による養子を除きます)。

妻・・・1/2

長男・長女(実子)・・・(各)1/2×1/3=1/6

次男(養子)・・・1/2×1/3=1/6

 

【4】妻と実子一人(長女)と長女の婿がいる場合


一人娘に婿を取って家を継がせるということは広く行われていますが、現在の法律には「家を継ぐ」という制度はありませんし、そのため単に結婚して妻側の姓を名乗っても、婿が妻の親の遺産を相続することはできません。
ただし婿が娘と結婚するだけでなく、妻の親との間で養子縁組をしたのであれば、【3】の事例の通り養子は実子と同じ相続権を持ちますから、婿が娘と同じ立場で親の遺産を相続し、被相続人の妻が2分の1、娘と婿が残りの2分の1を半分ずつ相続します。
被相続人の立場からすれば、娘婿に財産を残したい場合には(事業を承継してもらうために持ち株を相続させる場合など)、娘婿と養子縁組を行うことで、本来相続権のない娘婿に自らの財産を相続させることが可能になります。

妻・・・1/2

娘・・・1/2×1/2=1/4

娘の夫(婿・被相続人と養子縁組済)・・・1/2×1/2=1/4

 

【5】妻と子3人がいたが、長男が相続開始前に死亡しており、長男の子が2人いる場合


代襲相続とは、親が死亡または相続欠格・排除で相続できないときに、子が親に代わって相続することです。
このケースは相続開始前に被相続人の長男が死亡しているので、長男の子(被相続人の孫)が代襲相続をします。
長男の子は2人いるので、長男が相続するはずであった相続分を、さらに2分の1ずつ相続します。
なお、相続人が相続放棄した場合、その子(被相続人の孫)は代襲相続することができません。

妻・・・1/2

長女・次男・・・(各)1/2×1/3=1/6

孫A・B(死亡した長男の子)・・・(各)1/2×1/3×1/2=1/12

 

相続・遺産分割・遺留分・遺言に関して詳しく解説!

相続の基礎知識

 

遺産分割協議

相続手続を行う
相続とは
相続の流れ
法定相続とは
相続できる財産
相続人調査と財産調査
  相続がスムーズに進行しない時は
遺産分割協議の手続と分割方法
遺産分割協議書の作成
遺産分割の調停・審判

 

遺留分

 

遺言

遺留分とは
遺留分減殺殺請求をするには
遺留分減殺請求をされたら
将来の紛争を予防するために
  遺言書を書きたい
遺言の種類
遺言の書き方
公正証書遺言
遺言の保管
遺言が見つかったら
遺言の執行