船橋で相続の相談ならおまかせください!遺言書作成・遺産分割協議・遺留分等のお悩みに弁護士がお応えします。

千葉・船橋 相続遺言・無料相談

  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • サイトマップ
無料相談のご予約はこちら 0120-00-0000
  • HOME
  • 相続手続きを行いたい
  • もめてしまったら
  • 遺言書を書きたい
  • 当事務所の解決事例
  • 業務理念
  • 相談予約

相続人調査により、関知していなかった相続人が現れた事例

ご相談の背景

 
紛争案件とは少し違う事例をご紹介致します。
当事務所で相続案件を受任した際、まず最初に行うのは相続人調査です。
特定の法定相続人を除外した遺産分割協議は無効のため、被相続人の出生から死亡までの戸籍全部を取り寄せ、相続人らが関知していない法定相続人がいないかを入念に調査します。
この事例では、相続人調査の過程で被相続人に隠し子がいることが発覚し、またその事実を配偶者や子も皆関知していなかったという特殊性がありました。
 

解決方法

 
相続人の実子である限り、他の兄弟と平等に遺産を分割することになりますから(但し非嫡出子の場合は、相続分は嫡出子である他の兄弟の1/2になります)、弁護士を経由してその方に連絡を取り、遺産分割協議に参加して頂きました。
相続手続に際して、相続人調査が重要であることの好例と言えます。
なお当事務所のこれまでの経験では、従前交流がなかった相続人との交渉は、感情的な対立がないケースが殆どのため、法定相続分に基づく遺産分割協議が、寧ろスムーズに進行する場合が多いと感じています。
相続人調査の結果、意外な相続人が発見された場合であっても、基本的には冷静に対処するべきですが、直接連絡を取ることに抵抗を感じる場合には、弁護士に交渉の代理を委任することも検討するべきでしょう。
 

 

相続・遺産分割・遺留分・遺言に関して詳しく解説!

相続の基礎知識

 

遺産分割協議

相続手続を行う
相続とは
相続の流れ
法定相続とは
相続できる財産
相続人調査と財産調査
  相続がスムーズに進行しない時は
遺産分割協議の手続と分割方法
遺産分割協議書の作成
遺産分割の調停・審判

 

遺留分

 

遺言

遺留分とは
遺留分減殺殺請求をするには
遺留分減殺請求をされたら
将来の紛争を予防するために
  遺言書を書きたい
遺言の種類
遺言の書き方
公正証書遺言
遺言の保管
遺言が見つかったら
遺言の執行

 

相続相談のご予約 0120-586-886

Contents menu

アクセスマップ
/

弁護士法人 船橋中央法律事務所

中小企業法務の相談は相続特化サイトへ Check

不動産トラブルの相談は相続特化サイトへ Check