船橋で相続の相談ならおまかせください!遺言書作成・遺産分割協議・遺留分等のお悩みに弁護士がお応えします。

千葉・船橋 相続遺言・無料相談

  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • サイトマップ
無料相談のご予約はこちら 0120-00-0000
  • HOME
  • 相続手続きを行いたい
  • もめてしまったら
  • 遺言書を書きたい
  • 当事務所の解決事例
  • 業務理念
  • 相談予約

生命保険を特別受益に準ずるものとして争った事例

ご相談の背景

 
受取人が指定されている生命保険金は、受取人固有の財産と見なされ、原則として相続財産から除外されます。
本件は被相続人に子がおらず、被相続人の妻と母親とが相続人になった事例ですが、被相続人には財産と呼べるものは殆どなく、唯一妻が受取人となっていた生命保険金のみが残されていた事例でした。
 

解決方法

 
生命保険金は特別受益そのものではないものの、保険金の額、遺産全体における保険金の占める比率、同居の有無、保険金受取人及びその他の共同相続人と被相続人との関係等を踏まえ、保険金受取人とその他の共同相続人との間に著しい不公平が生じる場合には、特別受益に準ずるものとして、持ち戻しの対象とすべきとする最高裁の判断があります。
個別の事情によって結論が分かれる論点ですが、本件では交渉、調停を通じこの点を争い、最終的に当方の主張を大幅に容れた内容で和解をすることができました。
 

 

相続・遺産分割・遺留分・遺言に関して詳しく解説!

相続の基礎知識

 

遺産分割協議

相続手続を行う
相続とは
相続の流れ
法定相続とは
相続できる財産
相続人調査と財産調査
  相続がスムーズに進行しない時は
遺産分割協議の手続と分割方法
遺産分割協議書の作成
遺産分割の調停・審判

 

遺留分

 

遺言

遺留分とは
遺留分減殺殺請求をするには
遺留分減殺請求をされたら
将来の紛争を予防するために
  遺言書を書きたい
遺言の種類
遺言の書き方
公正証書遺言
遺言の保管
遺言が見つかったら
遺言の執行

 

相続相談のご予約 0120-586-886

Contents menu

アクセスマップ
/

弁護士法人 船橋中央法律事務所

中小企業法務の相談は相続特化サイトへ Check

不動産トラブルの相談は相続特化サイトへ Check