船橋で相続の相談ならおまかせください!遺言書作成・遺産分割協議・遺留分等のお悩みに弁護士がお応えします。

千葉・船橋 相続遺言・無料相談

  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • サイトマップ
無料相談のご予約はこちら 0120-00-0000
  • HOME
  • 相続手続きを行いたい
  • もめてしまったら
  • 遺言書を書きたい
  • 当事務所の解決事例
  • 業務理念
  • 相談予約

遺産の使い込みを主張された事例

ご相談の背景


依頼者の配偶者が約20年前に亡くなり、配偶者の兄弟との間で紛争になった事例です。
遺産として相当程度の金融資産がありましたが、配偶者の兄弟から相続に関する話が全くなかったため、依頼者の生活のために、そのほぼ全てが費消されている状況でした。

 

解決方法


特定の相続人が遺産を私的に費消してしまった場合には、他の相続人は、自らの相続分を侵害されたとして、不当利得ないし不法行為により、返還請求ないし損害賠償請求を行うことができます。
もっとも、これらの請求権はいずれも時効期間が定められているため、本件では、請求権は時効により消滅している旨主張したところ、当方の主張を大幅に容れて解決を図ることができました。
なお遺産分割そのものに時効はありませんので、不動産が被相続人の名義になっている場合や、被相続人の名義で預金が残っている場合には、遺産分割協議を拒むことはできません。

 
 

 

相続・遺産分割・遺留分・遺言に関して詳しく解説!

相続の基礎知識

 

遺産分割協議

相続手続を行う
相続とは
相続の流れ
法定相続とは
相続できる財産
相続人調査と財産調査
  相続がスムーズに進行しない時は
遺産分割協議の手続と分割方法
遺産分割協議書の作成
遺産分割の調停・審判

 

遺留分

 

遺言

遺留分とは
遺留分減殺殺請求をするには
遺留分減殺請求をされたら
将来の紛争を予防するために
  遺言書を書きたい
遺言の種類
遺言の書き方
公正証書遺言
遺言の保管
遺言が見つかったら
遺言の執行

 

相続相談のご予約 0120-586-886

Contents menu

アクセスマップ
/

弁護士法人 船橋中央法律事務所

中小企業法務の相談は相続特化サイトへ Check

不動産トラブルの相談は相続特化サイトへ Check