船橋で相続の相談ならおまかせください!遺言書作成・遺産分割協議・遺留分等のお悩みに弁護士がお応えします。

千葉・船橋 相続遺言・無料相談

  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • サイトマップ
無料相談のご予約はこちら 0120-00-0000
  • HOME
  • 相続手続きを行いたい
  • もめてしまったら
  • 遺言書を書きたい
  • 当事務所の解決事例
  • 業務理念
  • 相談予約

遺言の作成を行った事例②

ご相談の背景


離婚をした前妻との間に子がいる事例です。
現在は再婚をして、再婚相手との間にも子がいるため、将来の紛争を回避することができる遺言の作成を強く希望されていました。

 

解決方法


離婚をした前妻との間の子も相続人になりますので、相続が発生した時には遺産分割協議に加わって頂く必要があります。
この点遺言を作成していれば、各種手続の進行に当たり、都度他の相続人から同意を得る必要がなくなりますので、現在接点のない相続人がおり、またその方に遺産を遺したくないというような場合には、遺言の作成は必須です。
なお、子は遺留分減殺請求権を有しますので、将来の紛争を回避するという観点からは、遺留分減殺請求権に配慮した遺言を作成することもご検討頂ければと思います。

 
 

 

相続・遺産分割・遺留分・遺言に関して詳しく解説!

相続の基礎知識

 

遺産分割協議

相続手続を行う
相続とは
相続の流れ
法定相続とは
相続できる財産
相続人調査と財産調査
  相続がスムーズに進行しない時は
遺産分割協議の手続と分割方法
遺産分割協議書の作成
遺産分割の調停・審判

 

遺留分

 

遺言

遺留分とは
遺留分減殺殺請求をするには
遺留分減殺請求をされたら
将来の紛争を予防するために
  遺言書を書きたい
遺言の種類
遺言の書き方
公正証書遺言
遺言の保管
遺言が見つかったら
遺言の執行

 

相続相談のご予約 0120-586-886

Contents menu

アクセスマップ
/

弁護士法人 船橋中央法律事務所

中小企業法務の相談は相続特化サイトへ Check

不動産トラブルの相談は相続特化サイトへ Check